お問い合わせ
良い業者の見分け方 お問い合わせから完工まで 成功する外壁塗装 会社案内 お客様の声 よくわかる用語集 建築に役立つ建物名称 火災保険適用 助成金について あんしん保証 シーベースブログ 協力業者募集
2016/5/7 (土)
見積り書で確認すべきところ その1
 自宅の塗装を業者に頼む際には、見積り書をしっかりと確認するようにしてください。

塗装は一度終わってしまうとそれっきりになってしまいますし、後から問題があったことが分かってももう一度施工に応じてくれる可能性は低いです。

トラブルを事前に避けるための見積り書の確認の仕方を整理しましょう。

 まずは価格が適正かどうかをよく判断してください。

あまりにも高額だったり、その反対に安すぎる場合は塗装自体に問題がある可能性が高いです。

いくつかの業者を見て適正な価格を判断するべきです。

次に塗装の面積は正しいかどうかです。

塗装箇所によって価格が違うのはもちろんですが、塗装の面積や作業に要する時間などを価格も交えながら考慮する癖をつけるべきです。

 最後に塗装箇所が正しいかどうかはきちんと把握しておくようにしましょう。

一度施工した箇所を塗りなおしたり塗装を剥がしたりするのは莫大な費用がかかりますし、双方にとってもっとも悪い結果を招くことになってしまいます。

施工の仕方や塗料の種類も含めてしっかりと説明をしてもらえるように注意しましょう。