お問い合わせ
良い業者の見分け方 お問い合わせから完工まで 成功する外壁塗装 会社案内 お客様の声 よくわかる用語集 建築に役立つ建物名称 火災保険適用 助成金について あんしん保証 シーベースブログ 協力業者募集
2016/5/9 (月)
見積り書で確認すべきところ その2
 外壁塗装を行うとき、契約前に見積り書を請求するのが一般的です。

見積り書は1つの業者だけでなく、複数の業者に請求することで、適正価格で工事が行われるかを知ることができます。

見積り書には重要な情報がのっていますから、隅々までチェックするように心がけてください。

必ず確認しなければならないのが塗装が3度塗りになっているかどうかです。

 塗装は下塗りと中塗り、上塗りの3度塗りが基本になっていますが、中塗りを省くなどの手抜きをされる恐れがあります。

手抜きをされたら塗料の耐久性も弱まってしまい、半年もたたないうちに仕上がりの美しさが失われてしまうことがあります。

また、使用する塗料の量を確認することで、手抜き工事にならないかを調べることもできます。

 あと見積書を比較するときは、すべての塗料が同じランクのものかどうかもチェックしましょう。

外壁塗装費用が規定されたものはありませんから業者によって異なります。

法外な高い費用を請求されていないかも見積書を比較することで知ることができます。

見積書を受け取ったときに1つ1つの項目について直接説明を受け、不明な点があればすぐに聞いてみるべきです。