お問い合わせ
良い業者の見分け方 お問い合わせから完工まで 成功する外壁塗装 会社案内 お客様の声 よくわかる用語集 建築に役立つ建物名称 火災保険適用 助成金について あんしん保証 シーベースブログ 協力業者募集
2016/6/20 (月)
外壁塗装をするタイミングとは
 外壁塗装は外観を良くするためだけでなく、ひび割れた壁などから雨水が入って住宅が劣化してしまうのを防ぐ役割もあります。劣化を放置してしまうと、補修費用がかさみ、逆に費用がかかってしまいます。 とはいっても、「いつ外壁塗装をしてもらうのがいいのかわからない」という方に、今回は、外壁塗装をするタイミングについてご紹介します。

 外壁の劣化は、進行度合いによってサインがあるのです。 初めは光沢が低下し、次にチョーキングという現象が起きます。さらに、劣化が進行すると塗膜が浮いたり剥離してしまい、外壁基材自体が劣化してきます。

 この劣化現象のなかで、外壁塗装をする一番のタイミングは、「チョーキング」が起きたタイミングなのです。 チョーキングとは紫外線によって塗膜が白化して、白い粉が手につく状態のことです。まだ白い粉が出るだけだったら大丈夫だろうと思っている方でも、チョーキングが進行してしまうと、表面だけの塗り替えでは対処できなくなります。 結果的に費用が多くかかってしまうことにもつながるので、チョーキングが見られた場合は外壁塗装を検討しましょう。

 壁を軽く手で触ったらすぐにわかるので、一度自分の家をチェックしてみてください。