お問い合わせ
良い業者の見分け方 お問い合わせから完工まで 成功する外壁塗装 会社案内 お客様の声 よくわかる用語集 建築に役立つ建物名称 火災保険適用 助成金について あんしん保証 シーベースブログ 協力業者募集
2016/6/30 (木)
スプレー塗りとは
 外壁塗装の塗り方の一つにスプレー塗りという方法があります。 今回は、外壁塗装のスプレー塗りにはどのような特徴があるのかを紹介します。

 スプレー塗りの工法とは、スプレーで塗料を霧状にして、外壁に吹付塗装をする工法です。このスプレー塗りは主に乾燥が早い塗料を塗装する時に使われる工法で、一度に広い範囲の塗装ができ、高粘度の塗料を吹き付けることができるというメリットがあります。

 一方、デメリットとしては、スプレーを吹き付ける時にかなりの騒音を出すというものがあり、近所の迷惑にもなってしまう点です。 また、塗装スプレーをする時には、近すぎるとムラになりやすく、遠すぎると表面がザラザラしてしまうので、適度な距離の感覚を分かっている熟練した塗装士の方が施工すべきだと言えます。特に、養生する際に徹底的に気をつけなければ、思ってもいないところに塗装がついてしまう可能性もあります。

スプレー塗装で一気に仕上げてほしいという方は、スプレーの特徴を知っておいて、その特徴を最大限に生かした塗装ができる業者に塗装を依頼しましょう。