お問い合わせ
良い業者の見分け方 お問い合わせから完工まで 成功する外壁塗装 会社案内 お客様の声 よくわかる用語集 建築に役立つ建物名称 火災保険適用 助成金について あんしん保証 シーベースブログ 協力業者募集
2016/4/27 (水)
チョーキング現象って?
 チョーキング現象とは白亜化現象ともよばれ、外壁や屋根材などが粉を吹いたようになり、触れた際に、白い粉が付着する現象です。自宅の外壁を触ったときに、チョークのような白い粉が付着したら、それがチョーキング現象です。

 長年日光や風雨にさらされた素材表面の顔料の劣化に伴って生じるもので、ほぼ全ての外壁に生じる現象です。チョーキング現象が起きているということは、外壁表面の顔料が劣化して雨水などが外壁にしみこみやすい状態になっているといえます。

 外壁が保護されていない状態なので、塗装が必要となります。実際に、雨が降った際に外壁の変色がある場合は早急に塗り替えをしないと、しみこんでいった水分でさらに劣化を招き、塗り替えではケアできない状態になることも考えられます。

 このようにチョーキング現象は、外壁劣化のサインであるとともに、塗り直しの時期が来たというサインでもあるのです。 外壁を触ることでわかるので、素人でも判断しやすいのではないでしょうか。ただ、それを悪用して不安をあおる悪徳業者もいるので、焦らないよう定期的なチェックが必要です。