お問い合わせ
良い業者の見分け方 お問い合わせから完工まで 成功する外壁塗装 会社案内 お客様の声 よくわかる用語集 建築に役立つ建物名称 火災保険適用 助成金について あんしん保証 シーベースブログ 協力業者募集
2016/5/1 (日)
塗装が必要な外壁の特徴って?
 太陽光や風雨に曝され続けると、外壁は痛んでいきます。地震などでひび割れが生じたり、雨漏りがしたり、部屋の中が湿っぽくなってきたら、塗装の必要性に気がつきますが、ここまでわかる状態になると、建物はかなり傷んだ状態になり、大幅な修繕やリフォームが必要になってきます。建物を長持ちさせるためには、10年ごとの塗装が最良ですが、普段から外壁のチェックして、必要なタイミングで塗装をするのがよいです。

 塗装が必要な状態かどうかは、以下の3点を目視することでわかります。 1)塗装の色が薄くなっている。 塗装の色が薄くなったのは、塗装が剥げてきているということです。 雨水が浸透しやすくなりますので、放置は禁物です。

2)白く粉がふいている。 さわってみて、壁の粉が手に残るようになると、壁が脆くなりはじめています。

3)ツヤが失われている。 塗装が_げ落ちてきているために、ツヤが失われてしまいます。

 これらの点を放置していると、雨水が壁の中に浸透していき、室内に湿気をよび、建物の劣化を早めます。目視で、壁の状態が気になり始めたら、早めに修理すると、修理費用も安く抑えられるので、専門業者に相談してみましょう。