お問い合わせ
良い業者の見分け方 お問い合わせから完工まで 成功する外壁塗装 会社案内 お客様の声 よくわかる用語集 建築に役立つ建物名称 火災保険適用 助成金について あんしん保証 シーベースブログ 協力業者募集
2016/8/23 (火)
メンテナンスのタイミング
 こんにちは。さいたま市で外壁塗装を営んでいるシーベースエンタープライズです。

 住宅の外壁は、新築の時に塗装をしますが、それからしばらくはメンテナンスは必要ありません。 ですが、何十年もメンテナンスをしないと住宅が確実に劣化して耐用年数が短くなります。耐用年数が短くなるとそこに住める期間も当然短くなると言うわけです。

 住宅は、一般に10年経つと家全体の補修点検をした方がよいといわれています。特に雨風をうける外壁のメンテナンスは重要になります。では、外壁塗装はどのくらいの間隔で行ったらいいでしょうか。

 これはどんな塗料を使ったのかによって異なります。 例えば、耐用年数が20年の塗料を使ったとすれば20年は塗替えをする必要はありません。但し、外壁にコーキングが使用されていたり、大きな地震等で住まいに歪みが発生したような場合はその時々の状態で判断が必要になります。 この点、新築の場合は最初の塗り替えは早目(出来れば8年以内位)をお勧めします。最初の塗り替えは「早め」が良いのは、新築時のモルタル壁には低グレード、低価格のアクリルを使用した材料が吹付けられるからです。

 なぜ最初の塗装は安い価格の塗料を塗るかと言えば、住宅が完成して1,2年は建物が少しだけ動くからです。動いたときにひび割れも出来やすく、高い塗料を使っても結局10年以内に塗り直しをしなければならなくなるため安い塗料を使うとされています。 適切なメンテナンスを行って、長くきれいなお家にしましょう。

 さいたま市で外壁塗装をするならシーベースエンターブライズへ
 https://schibase.com/