お問い合わせ
良い業者の見分け方 お問い合わせから完工まで 成功する外壁塗装 会社案内 お客様の声 よくわかる用語集 建築に役立つ建物名称 火災保険適用 助成金について あんしん保証 シーベースブログ 協力業者募集
2016/2/6 (土)
さいたま市中央区のSA様邸で2階の外壁のコーキング

2016.2.6chuu-sako-602    2016.2.6chuu-sako-600

 

2016.2.6chuu-sako-598    さいたま市中央区のSA様邸で2階の外壁のコーキング打替が完了

 

 さいたま市中央区のSA様邸で2階の外壁のコーキング打替が完了しました。

 経年劣化により、コーキング材が痩せてひび割れ、部分的にサイディング材から剥離しており、雨水の侵入が危惧されていました。


コーキングの打替は以下工程で行います。
1.古いコーキングにカッターで切れ込みを入れ、ペンチ等で剥がします。剥し残しの無いように注意します。
2.清掃。埃や剥し残しが有ると接着不良を起こします。汚れを徹底的に落とします。
3.コーキングが長持ちする様に、ボンドブレーカーを貼ります。コーキング材が内部に引っ張られる事を防ぎ、結果的に長持ちするのです。
4.プライマーやコーキング材で外壁を汚さぬ様にテープを貼ります。
5.コーキング材とサイディング材の接着を良くする様にプライマー(接着剤)を塗ります。
6.コーキング材を充填します。ゆっくり滑らかに、均一な量を打って行きます。
7.ヘラで表面をきれいに均し、余分なコーキング材を取ります。
8.養生をばらします。
 これで安心です。密着したコーキングにより、雨水の侵入を食い止める事が出来ます。また地震等で家が歪んだ際、力の逃げ道になって外壁が割れる事も防ぎます。

コーキング打替の施工例-1
コーキング打替の施工例-2

施工例 >>

お客様の声 >>